pagetop
tel:0120-020-727
月~金:9:30~19:00 土日祝:9:00~18:30 定休日:水曜日および第二・第四火曜日 ※店舗都合により早めに閉める場合もございます。間際になる場合はお電話下さい。店舗スケジュールや祝祭日の兼ね合いで変更になることもございます。
お問合わせ・カタログ請求 ご来店予約
電話番号 0120-020-727
【営業時間・定休日】
月~金:9:30~19:00
土日祝:9:00~18:30
定休日:水曜日および第二・第四火曜日
※店舗都合により早めに閉める場合もございます。間際になる場合はお電話下さい。店舗スケジュールや祝祭日の兼ね合いで変更になることもございます。
おしゃれ着

おしゃれ着Fashionable

小紋・大島紬、結城紬、
牛首紬などの紬・
ポリエステル着物など
普段の何気ない日も、お召し物を変えると特別な日に・・・。
日本全国、様々な気候風土によって生まれたいろいろな紬たち。
着心地の良さと、おしゃれを充分に楽しんでください。
また、お稽古着に小紋やポリエステル着物も人気です。
カジュアルな着物(外出着・おしゃれ着物)
カジュアルなおしゃれ着として着物を楽しむ

普段着の洋服より少しカッチリしたおしゃれ着としての着物です。振袖や紋付きではなき「着物」と言われて思い浮かぶのは、このカジュアルな位置づけの着物のことです。
もちろんこの中にも、お召、付け下げ、小紋絞りなど色々と分類があり、柄の付け方などで格の上下も厳密にはあります。プロでなければ明確に分類することは難しいため、そこまで難しく考える必要はありませんが、基礎知識として知っておけばコーディネートの参考になるはずです。
付け下げ
付け下げは、未婚既婚に関わらず女性が着用できる着物で、訪問着に次いで格の高い着物とされています。
未染色の生地を裁断してから染める訪問着に対して、付け下げは裁断前の反物の状態で染めるなどの違いがあり、絵羽が描かれる点では振袖や留袖と同じですが、簡略されたものがあしらわれる傾向にあります。
近年では華やかさや柄のバリエーションが幅広くなってきており、訪問着との境界が曖昧になりつつありますので、豪華さや文様の格を判断材料にすることもあります。ただ注意しなければならないのは、あくまでカジュアルな位置づけの着物であって、格式高い場に着ていくべきではありません。この点を踏まえた上で、「よそ行きの服装の選択肢のひとつ」くらいの位置づけで楽しみたいものです。
付け下げ小紋
小紋柄が全体的に施された付け下げを「付け下げ小紋」といいます。文字通り着物自体は付け下げでありながら、小紋柄で染められているため、格としては小紋と同等です。よそ行きの着物の中では、カジュアルな位置付けにはなりますが、きちんと感もあわせ持っているため、和の習い事や観劇など、ちょっとした特別感のあるおしゃれ着物として重宝するでしょう。
また付け下げ小紋と小紋は、似たような位置づけの着物と捉えられがちですが、特徴に明確な違いがあります。仕立てたときに柄がすべて上向きになるように染めてあるものが付け下げ小紋。上下の区別をしないものが小紋ですので、見分ける際のポイントとして覚えておきましょう。
小紋
小紋とは、生地全体に地紋の柄が入った着物のことを指します。洋服で例えると総柄のシャツというとイメージしやすいでしょうか。そのため着物の中ではカジュアルな位置づけとなり、礼装として着用するのは不適切です。
しかし生地に入る文様が格のある柄の場合は、ちょっとしたパーティや親しい方とのお茶会などで着用しても差し支えないでしょう。
付け下げ小紋との使い分けが曖昧で、着物に精通していなければ難しく感じるかもしれません。ですから「フォーマルな場や、お呼ばれの場に着ていくべきではないおしゃれ着物」と覚えておいてください。
少しずつ着物のことを知って着慣れてくると、洋服と同じようにTPOに合わせられるようになり、装いにちょっとした遊び心を入れることもできるようになりますし、そうなるともっと着物が楽しくなりますよ。
紬の訪問着
紬の訪問着はその素朴な風合いから、他にはない魅力がある着物です。分類としては訪問着の中ではカジュアル寄りの着物で、小紋とほぼ同格とされています。しかし素朴で地味な見た目に反して、生地は絹糸が使われているため、実はとても高価な着物です。

紬はその風合いや柄の入り方で、カジュアルで地味な印象が強くなりがちな難しい素材のため、どちらかというと上級者向きの訪問着に感じられるかもしれません。一般的に着物の価値は、華やかさや豪華さが格や価値の基準になるようなイメージがありますが、紬の訪問着の素朴さや地味さに価値を見出し、熱烈なファンが多いのも他にはない特徴といえるでしょう。
無地の紬
無地の紬はカジュアルな位置づけながら、柄が入った紬よりかちっとした印象になるため、軽めの訪問やカジュアルな会合などで着用するのに適した着物です。
紬には素朴で落ち着いた独特の美しさがありますが、一見すると地味で沈んだ印象になりかねないため、華やかな柄の入った帯でバランスをとると、粋でセンスよく見えるでしょう。絹100%で織られているため高価な着物ですが、入学式、卒業式といったそれほど格式張らない場でも、着用するのは不適切です。無地の紬を着るのは、ちょっと畏まったお洒落着として楽しむのがいいでしょう。