pagetop
tel:0120-020-727
月~金:9:30~19:00 土日祝:9:00~18:30 定休日:水曜日および第二・第四火曜日 ※店舗都合により早めに閉める場合もございます。間際になる場合はお電話下さい。店舗スケジュールや祝祭日の兼ね合いで変更になることもございます。
お問合わせ・カタログ請求 ご来店予約
電話番号 0120-020-727
【営業時間・定休日】
月~金:9:30~19:00
土日祝:9:00~18:30
定休日:水曜日および第二・第四火曜日
※店舗都合により早めに閉める場合もございます。間際になる場合はお電話下さい。店舗スケジュールや祝祭日の兼ね合いで変更になることもございます。
フォーマル

フォーマルFormal

黒留袖・色留袖・
訪問着・付下(つけさげ)・
色無地・黒紋付(喪服)
フォーマルな場において、TPOに合わせた着物を選ぶことは、正しい和の礼装の知識が必要です。正しい装いを知ることで、ちょっとした遊び心を取り入れるといった、粋なこともできるようになるもの。ここでは後々にも役立つ、和の礼装の基礎知識をご紹介いたします。まずフォーマルな着物の基本を知って、もっと着物を楽しむ機会が増えれば幸いです。
着物は着用シーンの格式で種類を選ぶ
地域や家によって多少の差異はあるものの、着物は着用シーンの格式によって、その場に適した種類を選ぶ必要があります。例えば振袖は慶事に未婚女性が着用する第一礼装で、既婚女性は黒留袖が第一礼装となります。
厳密には着物に入る紋(家紋)の数、合わせる帯や小物の種類も、格に影響することもありますので、畏まったシーンで着用する場合は、着物を購入したりレンタルしたりする呉服店に確認するといいでしょう。
最も格式高い着物は「第一礼装」
フォーマルな場といっても、格式張った式典からカジュアルなお祝いの場までと幅広いものです。そのため礼装としての着物にも、おおまかに格が定められており、シーン合わせたものを選ぶようにします。中でも最も格が高いとされる着物が、女性の第一礼装である、振袖・黒留袖・色留袖・喪服になります。ちなみに着物の格は「第一礼装」「準礼装」「略礼装」という順になっています。
女性の礼装の種類
振袖
振袖は慶事における未婚女性の正礼装(第一礼装)です。一番の特徴は、他の着物より袖が長くとられているのが特徴で、本振袖(大振袖)、中振袖、小振袖の順で袖の振りが長く、長いほど格式が高いとされています。最近の成人式でよく着られる振袖は本振袖で、袖丈が104㎝~120㎝です。
着物に入る柄は留袖と同じく絵羽模様と呼ばれるもので、生地の縫い目で柄が途切れないように仕立てられています。
黒留袖
既婚女性の礼装の中で最も格式が高く、第一礼装とされるのが黒留袖です。文字通り黒の生地が使われた比翼仕立ての着物で、上半身には柄がなく、裾まわりにだけ柄が入ります。裾まわりの柄は絵羽模様と呼ばれ、生地の縫い目で柄が途切れないように仕立てられています。また必ず紋を入れる決まりがあり、紋には五つ紋・三つ紋・一つ紋と、入れる紋の数が異なり、第一礼装の黒留袖には五つ紋を入れるのが一般的です。
色留袖
色留袖は、既婚女性の第一礼装である黒留袖に次ぐ格式の礼装です。黒留袖との違いは生地の色以外は基本的に同じですが、色留袖は未婚女性も着用できます。地域によって多少違いますが、五つ紋を入れると黒留袖と同じく第一礼装として扱われます。そのため婚礼の場で、新郎新婦に近しい親族の女性が着用するのに相応しい礼装といえます。友人や同僚のようなゲストとして出席する場合は、五つ紋は招待側に対して失礼にあたりますので、三つ紋や一つ紋の色留袖を着用するのが適切です。
着物の喪服
喪服は通夜や葬儀で着用される礼装ですが、喪服にも正喪服、準喪服、略喪服という順で格付けられています。最も格上である正喪服は、3親等までの親族が着用するのが一般的です。留袖と同じく5つ紋を入れた黒無地の正喪服が第一礼装とされ、長襦袢・半衿・足袋は白、小物類は黒で統一します。準喪服は紋の数が3~1となり、色も黒ではなく落ち着いた色のものを着用します